荒川 華澄 - プライベートの充実も

ARAKAWA KASUMI

学研教育みらい 編集
2015年入社
現代教養学部卒業

プライベートの充実も

プライベートのスケジュール

  • 8:00
    朝食
  • 9:00
    洗濯・
    掃除など
  • 12:00
    友人と昼食&
    ショッピング
  • 18:00
    夕食準備
    (数日分まとめて)
  • 19:00
    夕食
  • 20:00
    ピアノ、
    テレビなど

ピアノの先生とおしゃべりをして気分転換

小学校から習い始めたピアノが私の趣味。現在も月に一回程度、帰省も兼ねてレッスンに通っています。小さい頃からずっと私を見守ってくれた先生とのレッスンは、いつも楽しくて時間がすぐに過ぎてしまいます。ついつい仕事の話からプライベートの相談まで話し込んでしまって、気づいたらおしゃべりで半分以上時間が過ぎていた、なんてことも(笑)。たまに地元に帰って気心の知れた先生と話すことはいい気分転換。仕事へ向かう活力も湧いてきます。

人生経験を重ねたからこそ弾ける曲がある

社会人になってからは、弾く曲にも少し変化がありました。最近よく弾いているのはドビュッシーが作曲した曲。音自体は複雑ではないんですが、その分表現力が求められます。社会人になって大変なことも楽しいことも味わい、人生経験を重ねた今だからこそチャレンジできる曲なんだと思います。高校時代の方が圧倒的に練習量が多かったけど、きっと当時の若い自分には今ほど感情を込めて演奏できなかったはず。働く中で、人として成長できたのかな、と思いますね。

プライベートの延長線上に仕事があった

元々物語を見たり読んだりすることは好きでした。特にお気に入りは「赤毛のアン」。想いが募って、実際に物語の舞台になった島に行ったこともあります。また、小さい頃から雑誌を切り抜いてスクラップブックをつくったり、友だちの誕生日にアルバムをつくったり……振り返れば昔からプライベートでも編集に近いことをしてきたなと思うんです。先日父に「昔からお前はこういうことが好きだったよな」と言われてハッと気づきました。好きなことを仕事にできて、自分は幸せだなと思います。