川口 遥 - 仕事のやりがいも

KAWAGUCHI HARUKA

創造学園
2014年入社
文学部卒業

仕事のやりがいも

仕事のスケジュール

  • 8:00
    起床、家事
  • 11:00
    出社、
    メール確認
  • 12:00
    事務・
    受付応対
  • 15:40
    授業
  • 19:00
    保護者へ電話・
    宿題確認・
    事務
  • 20:30
    退社

事務職と講師の両立という挑戦

元々塾の講師には興味があったのですが、成績管理などの事務的な側面から教室運営を支えたいという思いがあり、事務職として入社しました。その後、会社が小学校低学年向けの教育メソッドを全校展開することに伴って、2年目からは事務職とその講師を兼任することに。事務職と講師の両立という働き方は前例がなかったので戸惑いましたが、新しい教育メソッドにも興味があり、何より子どもに教えるのが好きなので、思い切って挑戦することにしました。

独自の手法で教育メソッドを広めていく

社内に新たに教育メソッドを浸透させていくため、女性職員7人で構成されるプロジェクトチームができ、私もメンバーの一員として加わりました。独自の刊行物やファイルなどの子ども向けグッズをつくったり、各教室で教える先生向けの研修を企画したり……自由な発想でさまざまな取り組みを行っています。チームに参加したときはまだ2年目の若手。それでも当初から「こういうグッズや研修プログラムをつくりたい」という自分の意見を尊重してくれます。とても貴重な経験ができているなと思いますね。

若手からチャレンジできる機会を与えてくれる

年次や役職に関わらず、活躍できる機会を与えてくれるのが学研の魅力。それまで前例がなかった事務職と講師の両立という働き方に挑戦できたり、プロジェクトチームに加わり新しい取り組みに携わることができたり……学研や、私が勤務する創造学園には若手からチャレンジできる環境があると思います。私はこの会社が大好きだし、毎日の仕事が楽しいです。後輩が入ってきたときにも「この会社いいな」って感じてもらえるきっかけになるような先輩になりたいですね。今後結婚や出産などライフステージが変わることがあっても、ずっとこの会社で働き続けていきたいと思っています。