堀井 朋恵 - 仕事のやりがいも

HORII TOMOE

メディカル・ケア・サービス
2014年入社
文学部卒業

仕事のやりがいも

仕事のスケジュール

  • 9:00
    出勤
  • 10:00
    散歩・レクリエーション
  • 12:00
    昼食
  • 15:00
    入浴介助
  • 18:00
    就寝介助
  • 19:00
    退勤

「一緒にやっていこう」の言葉が嬉しかった

学生時代に社会学を専攻していたので、社会福祉の分野に興味はありました。とはいっても、きちんと勉強したわけでも資格をもっていたわけでもなかったので、最初から就職先として志望していたわけではなかったんです。きっかけは、あるとき参加した合同説明会。福祉関係の企業ブースを訪れ、担当者の話を聞いているうちに、「興味のない分野の仕事より、直接人と関わっていける福祉の仕事がしたい」と思うようになり、介護業界に進むことを決めました。その中でもメディカル・ケア・サービスを選んだ一番の決め手は、福祉や介護を学んでいない私に対しても「一緒にやっていこう」と温かく迎え入れてくれたからです。

毎日が新しいことが楽しい

入社してしばらくは、本社で新卒採用を担当。その後異動となり、今のグループホームで働き始めました。現在はユニットリーダーとして、ご利用者の生活支援はもちろん、スタッフと日々コミュニケーションを図りながら、よりよいサービスが提供できるよう努めています。最近はスタッフから自主的に「ご利用者のためにこういうイベントを開きたい」など、さまざまな提案が挙がるようになったのが嬉しいですね。ご利用者の「行ってみたい」という願いをかなえるために、上野動物園にパンダを見に行ったこともありました。毎日が新鮮で、1日として同じ日がないのが、この仕事の面白いところだと思います。

経験1年弱でユニットリーダーに

実はユニットリーダーになったのは、本格的に介護職を始めてまだ1年も経っていない頃。周りのスタッフは自分よりも何年も経験のある人たちばかりだったので、「チャンスだ」と思うのと同時に、「時期尚早ではないか……」という不安も大きかったです。でも、だからこそ「周りの人たちを信頼して力を借りる」ということを自分の力にしようと心がけました。スタッフはみんな、年齢も立場も関係なく気になったことは言い合える関係なので、とても働きやすい環境ですね。また、自分自身の経験の浅さを言い訳にはしたくないので、日々自己研鑽を重ねるようにしています。