宮原 博昭 - 社長メッセージ

HIROAKI MIYAHARA

学研ホールディングス
代表取締役社長

社長メッセージ

学研に「+α」の価値を。挑戦しつづける人、求む!

「知る・挑む・創る」――これは、学研グループ各社の役員・社員の行動指針「Creative Challenge」の3要素です。
「知る・創る・挑む」ではありません。高い目標を掲げ、リサーチを迅速におこない“挑んで”から、コンテンツを“創りあげて”お客様に届ける。この姿勢を貫くことで学研グループはこれまで、様々な分野で高い評価をいただいてきました。今後はこの3要素に加え、さらに「+α」(プラスアルファ)の要素が重要になります。つまり、既存の商品やサービスに「+α」(プラスアルファ)の価値を付けること。そしてその際に、従来の枠に縛られる必要はありません。
紙/映像/イベント/デジタル/海外向け事業etc……
いまの学研グループは教育・医療福祉のリーディングカンパニーを目指して、これらを最適な形でお客様に届けられる環境があります。そして、それをより一層発展させることができる人、発展させるために挑戦し続ける人を求めています。「挑戦する」ことは簡単ですが、「挑戦し続ける」のは非常に難しいことです。
学研グループでは、「Creative Challenge」を継続できる人を求めています。

企業理念

グループ理念

私たち学研グループは
すべての人が心ゆたかに生きることを願い
今日の感動・満足・安心と
明日への夢・希望を提供します

グループビジョン

ずっと、いっしょに
“まなび”をたのしく!
ワクワク☆ドキドキ 創造企業

行動指針

Gakken Spirit
Creative Challenge

広い視野で未来を見据え、深く市場と顧客の心を知ろう

高い目標を掲げ、強固な意思を持って、迅速に挑戦しよう

自由かつ斬新な発想で、新しい価値を創り出そう

採用メッセージ

「も。」

教育も、出版も、医療福祉も、新規事業も、Webサービスも、アプリ開発も、玩具づくりも、場づくりも、ローカルビジネスも、グローバルビジネスも、安定した生活も、チャレンジできる環境も。

「Creative Challenge」を行動指針に掲げ、今日まで歩んできた学研グループ。だからこそ、教育や出版という領域だけにとどまらず、社会が求めるさまざまな事業・サービスの開発に挑んできました。その姿勢は、これからも変わることはありません。

どんなことにも、挑戦できる学研グループ。あなたも、やりたいことを実現させてください。