採用フロー

  1. 学研グループ各社にエントリー3月~

    まず、志望する学研グループ各社の就職サイトでエントリーしてください。

  2. 各種試験 (適性検査、面接など)4月~

    詳細は各社からご案内します。

  3. 学研グループ各社に内々定6月~

採用実績

2017年春 132名(男性37名、女性95名)
2016年春 91名(男性29名、女性62名)
2015年春 64名(男性17名、女性47名)

採用・応募に関するQ&A

2019年度の採用予定人数は何人ですか?

学研グループで活躍いただける人財であれば積極的に採用する方針ですので、人数枠は定めていません。

求める人財像は? 採用の決め手は何ですか?

既存のモノに新しい価値を「+(プラス)」しようとする創造的な方、変化をおそれずに新しいことに挑戦し続けようとするチャレンジングな方=“Creative Challenge”できる方を歓迎します。豊かな個性と多様な価値観をもった方の応募をお待ちしております。あなたのCreative Challengeを是非聞かせてください。「社長メッセージ」もご覧ください。

大学院生の応募はありますか?

四年制大学卒業見込み者と同様に応募を受け付け、採用をしています。大学院生のみの採用枠は設けておりません。

既卒者も応募できますか?

ご応募いただけます。社会人経験がないことが条件になります。各社のナビサイトをご覧ください。

出身大学は重要なポイントになりますか?

大学や学部・学科などは、採用には一切関係ありません。

採用試験の場所は東京のみですか?

会社によって異なります。学研スタディエ、創造学園、早稲田スクール、イング、全教研、学研ココファンは各地域で採用を行います。詳細は各社のサイトをご覧ください。

OB、OG訪問をしたいのでどなたか紹介してもらえませんか?

OB、OGの紹介についてはお断りしています。大変申し訳ありません。

採用に有利な資格はありますか?

採用にあたり、特別これが有利というものはありません。ただ、どんな資格であっても就職活動においては自己アピールの材料になりますし、自分自身への自信につながるものだと思います。

理系の大学・学部出身者は選考に不利ですか?

全くそのようなことはありません。
理系学部・学科出身の社員は、雑誌や書籍編集をはじめ、さまざまな分野で多数活躍しています。当グループは理数系学習参考書、雑誌の出版や、科学実験教室の運営、また、豊富なデジタルコンテンツなどを利用した商品開発も行っていますので、理系の方もぜひ応募してください。

営業希望ですが自動車免許は必須条件ですか?

営業では、部署や業務にもよりますが、自動車の運転が必要になる場面が多くあります。自動車免許の取得をお勧めします。しかし、採用の条件ではありません。入社までに取得をしていただければ結構です。

採用のスケジュールについて教えてください。

概要は採用フローをご覧下さい。詳細は各社のナビサイト、ホームページ等をご確認ください。

採用筆記試験の勉強をしたいので、内容を教えてください。

筆記試験の内容は一切公表しておりません。例年、あらゆる角度から皆様が持っている適性を判断させていただく出題内容ですので、特別に勉強をする必要はありません。皆様がお持ちの力を得意分野で存分に発揮していただきたいと思います。

制度・待遇・会社に関する
Q&A

育児支援、介護支援について教えてください。

当グループには、育児休業制度や様々な育児支援制度があります。出産の際、女性社員はほぼ100パーセントが育児休業制度を利用し、男性社員も利用しています。
2007年、2009年には、株式会社学習研究社として、子育てをサポートしている企業であると認定を受け、「次世代認定マーク(くるみん)」を取得しています。また、2011年には、学研ホールディングス、学研教育みらい、学研プロダクツサポート、2014年には学研メディカル秀潤社、2015年には学研ロジスティクスの5社が同様の認定を受けました。当グループの取り組みは、「両立支援のひろば」(21世紀職業財団)のサイトでも公表しています。

両立支援のひろば

また、要介護状態にある家族を介護する場合、様々な介護支援制度も利用できます。

会社としての環境問題への取り組みについて教えてください。

当グループでは持続可能な社会の形成に貢献することは企業の社会的責任であると認識し、環境問題に積極的に取り組んでいます。企画段階から廃棄にいたるまで様々な要因を考慮し、環境負荷の極力少ない製品を提供しています。

学研環境憲章

これ以外にも、保育絵本を通じて幼児対象に「ほたるキャンペーン」を行うなど、数々の環境保全キャンペーンに取り組んでいます。
2004年に、株式会社学習研究社として、環境マネジメントシステムであるISO14001の認証を取得しています。2010年には、学研グループとして拡大認証されました。

勤務地の希望はどのぐらい通りますか?

本人のキャリアビジョンも聴取し、参考にさせていただきますが、所属する会社によっては入社後に転勤を伴う異動の可能性があります。
採用会社によりますので、各社のナビサイト、ホームページ等をご確認ください。

学研グループならではの社風はありますか?

会社や部署によって多少異なる側面もありますが、多くの社員が「お客様によりよい商品、サービスを提供すること」「お客様に感謝されること」に“やりがい”や“誇り”を感じて、各々の仕事に真面目にまい進をしています。また、年齢や職種などに関係なく、チャレンジする人を応援していく社風が醸成されており、それを実現できる仕組みや制度があるのも特徴です。詳しくはQ5の回答も参照してください。

新入社員や若手の意見も積極的に採り入れてもらえますか?

もちろんです。斬新で、優れたアイデアや企画は年齢や経験に関係ありません。新入社員研修中に新入社員が出したアイデアが実際に企画として販促活動に採り入れられ、成功した例もあります。若手社員や新入社員であっても、所属部署での企画の提案から、部署間を越えた新規事業の提案まで、企画提案の機会はたくさんあります。
社内各方面の部署から選出された社員で編成された数々のプロジェクトチームや委員会があり、ベテラン社員に限らず若手の社員も多数活躍しています。

編集の仕事は時間が不規則だと聞いています。実際はどんなスケジュールで仕事をしていますか?

ひとくちに編集と言っても、発売までのサイクルが短い雑誌から、長いスパンで企画から編集までが行われる書籍までいろいろです。編集部内の構成人数も様々ですし、一人で複数冊も担当している場合もあります。残業や休日出勤がある場合もあります。また、同一編集部であっても時期によって忙しさは様々です。忙しさは様々ですが、職場にあわせた働き方の見直しをはかっています。

人材育成制度はどのようになっていますか?

“コンテンツ・サービス創造企業”である学研グループでは、コンテンツとサービスを創出するのはまさに社員一人ひとりであることから、社員は大切な財産であると考えています。そこで、社員が自ら育つことのできる環境を整えるとともに、その成長をサポートする各種制度を導入しています。「制度紹介」もご覧ください。

女性社員はどのような働き方をしていますか? 活躍する場はありますか?

関係なく、最前線で活躍しています。育児支援制度を活用して、出産後も職場復帰し、ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)を保ちながら働くワーキングマザーが多いことも特徴です。2015年1月にはポジティブアクション宣言を行い、女性活躍推進にますます力を入れています。

ポジティブアクション宣言